20161012-1345_347804529

プリネラ
「トーマ様。最近うちのチームに募集で加入するの女性が多くありませんか?」

ト-マ
「うーん、特に指定はしてないんだけど、たしかにそうかもな。ちょっとイケメンさん増やしたいよね」


プリネラ
「はい。私に竜牙石をどんどん持ってくるバカな男がいいですわ、オホホホホ」




仕方ない・・・





あいつを使うか・・・






できればまだ出したくなかったが・・・(切り札だから)



だって、ほらタイムラインに行ってしまうじゃん、これ


オレのイメージがさあ・・・


ま、いっか


20161018-0053_348652403

チムメン女子

「そこのかっこいい戦士様!どうか私たちにチカラを貸してください

わたしたちは今週チームイベントであの氷の魔獣イーギュアと戦わなければいけないのです。

どうか・・・どうかそのチカラをわたしたちに貸してください。今ならすぐにメンバーとも仲良くなれますから」

20161018-0053_348652369

チムメン女子

「あなたさまのチカラはきっとうちのチームで大活躍することでしょう

さあ、今こそ勇気を出してこれをコピって@thoooomaの返信欄に貼るのです」


コピペ用

「チーム入隊希望です★ よろしくです!」


リーダーが快くチーム招待の案内を送ってくれますから。。。

20161018-0049_348651894

トーマ
「チーム入隊希望です★ よろしくです!」


チムメン女子「・・・・おいw」


トーマ「ち、違うんだ、こーいうノリでも大丈夫だという所を見せようと・・だ、だれだ!オレにメダパニかけたのは!!」


チムメン女子「・・・・・。」


20161012-1345_347804638

プリネラ
「上の写真はいらなかったのでは?」


トーマ
「すまん、読者の気持ちを代表して表現してみたんだ」



プリネラ
「まあいいですけど・・あの・・条件とかないんですか?」


トーマ
「運命にゆだねるのだ・・・・待つんだ」


プリネラ
「書くのが面倒なんですね。。。よくわかりました。仕方ないですね、私がちょっと書きますよ」


プリネラ
「チムメン募集です♪ 私に竜牙石をどんどん持ってきてくれるイケメンさん、社会人、できればIN率の高い、チャラチャラしてない、レグもさくっと倒してくれる人、あ、銀行に1000万以上あるといいなっ」


ト-マ
「個人的願望が入りすぎてないか?それ。。オレ100万しかないけどw」



プリネラ
「甘いですわ、いまどきこのくらい書いた方が集まるのよ、オホホホホ」


トーマ
「そうなのか・・・いいねだけで終わりそうな予感・・・。」